女の私が、本当に女に恋してしまうなんて。

はあ・・うう・・・。 この胸の奥に蠢(うごめ)いている熱いものはなんなの・・・。 その熱い物体は、私の心を蝕(むしば)んで、 苦しい・・・。 これが、恋というものなの・・・。 今までは、許婚がいて、これから先の将来なんて勝手に決まってた。 彼は、本当に私を愛してくれて、いい人だけれど、 やっぱり・・・、 …